初めまして!

当舘は写真館と名乗ってはいますがスタジオはありません。
皆さまのご自宅や神社等がスタジオとなる、言うなれば青空スタジオがメインとなっております。
ですので日本の伝統的な記念写真とは少し毛色が違うかもしれません。

また日本には古来から「ハレとケ」という考え方が存在しています。
「ハレ」とは冠婚葬祭や祭り、神事などの特別な日のことで、それに対して「ケ」というのは普段の生活を表します。
つまりは非日常と日常を示す言葉ですが、ぼくは「ケ」を大切に写真を撮っています。

もちろんご依頼いただくのはハレの日を記念に遺すためが多いのですが、そんなハレの日にも「ケ」の瞬間がたくさん存在します。
その本人の記憶にすら残らないような瞬間を記録し記念とすることが写真の本質だと考え、
誰でもスマホで気軽に写真が撮れるようになったこの時代に写真家が撮るべきは、そんな瞬間ではないかと思っております。

ただ記念に残すための流れ作業のごとく型に押し嵌めるのではなく、ドキュメンタリーで追いかけたその一瞬を写真に遺し、未来への継ぐ。
そうすれば写真は過去を懐かしむためだけではなく、いま生きているこの瞬間を豊かにしてくれるものになると信じています。

だからぼくや、ぼくの大切な人はもちろん、これを読んでくださっている皆さまや、その皆さまの大切な方たちのたくさんのそんな瞬間を、
ぼくなりに未来へ遺していけたら、 それはすごく幸せで勝手に人生の命題のようにも感じています!

これが当館の想いです。
一生のお付き合いとなるような皆さまとの出会いを楽しみにしております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


徳永写真館
初代名誉館長 徳永陽介